コレステロール

コレステロールってどうやったら下がるの?

コレステロールを下げたいと思ってもどんな事をすればいいのかよく分からないかもしれませんね。つい病院で出された薬に頼ってしまったりしている方もいらっしゃるかもしれません。でも、日常できることでコレステロールを下げることは可能なのですよ。それは食品だったり、適度な運動だったりします。詳しくご説明していますので、次の健康診断ではコレステロールが高いと言われないように頑張ってみませんか?

コレステロールは悪者?

コレステロールとは、人間の体内に存る脂質の一つです。
コレステロールに関しては、「肥満」や「非健康的」など有害なイメージしか持たない方も多くいると思います。
実際に、コレステロールを多量に摂ってしまうと病気や肥満になってしまうこともあります。
しかし、コレステロールというのは神経や細胞膜などの材料となる、肉体にとって必要不可欠な物質です。

 

さらに、コレステロールはホルモンを作り出す作用にも結びつきがあり、男性ホルモン、女性ホルモン、副腎皮質ホルモンというようなものを作るのに必須の成分と言えます。

 

コレステロールはその他にも、食べ物を消化吸収するのに欠かすことの出来ない胆汁の主成分の胆汁酸を作る素材にもなっています。

 

人間の身体が異常を起こさず機能を維持する為に必要なコレステロールが不足すると、いろいろなトラブルが発生する可能性があります。
細胞膜の材料となるコレステロールが減ってしまうと、正常に細胞を維持することが出来なくなります。
こういう状態になると、免疫力が低くなり、抵抗力が下がってしまい、病気になる危険が高くなります。
それだけではなく、神経の伝達機能に悪い影響が生じたり胆汁不足は消化機能にも影響が出てきてしまいます。

 

これらのトラブルを引き起こさないようにする為には、コレステロールの推奨値のが大事なのです。
1日に必要なコレステロールは1.5〜2.0g程度だと言われています。
この中の70〜80%は身体にある肝臓で主に製造され、その他の20〜30%を食物から補足し、健康な人体を保つために使われています。
健全な体の人が、コレステロールを必要以上に摂取しても、体の中で生成されるコレステロールの量を自動的に少なくしてくれて体内にあるコレステロールの量を上手に整えてくれます。
とは言っても、年齢が高くなってくると共にその働きが弱くなってしまうので、コレステロールの管理が上手にできなくなるようです。


高コレステロールにより引き起こされる病気とは?

コレステロールというのは、身体にとって大切な成分の一つです。
最低でも必要な値のコレステロールがない場合、いろいろな健康障害が出てくる可能性があります。

 

しかし、何に関しても余計にあるのは逆効果です。
コレステロールを必要よりも多く摂ってしまうと病気になってしまう可能性を増幅してします。

 

身体の内のコレステロール値が高くなることで引き起こされる病気で代表的なものに、動脈硬化があります。
動脈硬化というのは、コレステロールが大きく関わっているとされています。
さらに、余分なコレステロールが血管内に残留すると、血管のもっとも内側にある内皮細胞に穴を作ってしまいます。
穴が開いた箇所から悪玉コレステロールが入り込み、内皮細胞のもっと内側にある内膜まで行ってしまいます。
さらに、ダメージを負った隙間から、コレステロールだけではなく血小板やカルシウムなども侵入することになるのです。
そして、時間が経過するとドロドロの状態になって、血管内を塞いでいきます。

 

この様に、血管が詰まるようなことが心臓の冠動脈の場所で起こると、心筋梗塞狭心症という病になってしまうのです。
動脈硬化になってしまうと血管の柔らかさがなくなってしまうため、圧力が加わることで血管破裂というような最悪の事態になることも考えられるのです。

 

その他に、コレステロールが高過ぎることで引き起こしやすい病気にコレステロール胆石があります。
コレステロールは、胆汁酸の材料となって消化作用を助ける作用があるのですが、脂肪を多く含む食事を続けたり、ストレスが溜まったりすることで胆のうに胆石が発生する危険性があります。