コレステロールを下げるには?

コレステロールの種類は?

健康診断を受けたことがあれば、コレステロールという言葉を聞いたことがあるでしょう。
コレステロールというのは、摂りすぎても少な過ぎても体に悪い影響を与える可能性があります。
コレステロールと言えば、動脈硬化などマイナスなイメージを抱きがちですが、このコレステロールは血管中に溜まるものではないのです。
脳、内臓、筋肉といった人体の様々な部分にあり、脳細胞を正常に保つという大きな役割があるのです。

 

健康診断を受けた結果に注目すると、HDLコレステロールにLDLコレステロール、それから総コレステロールというような項目があることが解るでしょう。
総コレステロールというのは、HDLとLDLの両方の値も含まれているもので、コレステロールの種類は大まかに分けて2種類あることになります。
正確には種類はもっと多くあるのですが、健康診断で重視して見られるのはこの2種類のコレステロールなのです。

 

正直な話をしますと、本当はHDLとLDLはコレステロールのことではないのです。
脂質の1種であるコレステロールというのは自分自身の力だけでは血液に溶けることはありません。
実際は、リポ蛋白を利用して血液中を移動しているのです。
この時に使用するリポ蛋白がHDLとLDLになのです。
HDLとくっついたのがHDLコレステロール、LDLにくっついて循環している種類をLDLコレステロールと区別しているのです。
元々は同じのコレステロールなのですが、結びつくリポ蛋白の作用の差によって善玉コレステロールと悪玉コレステロールと呼ばれるようになっているのです。
HDLコレステロールの方を善玉コレステロールと言い、LDLコレステロールを悪玉コレステロールと言っています。


コレステロールの種類は?記事一覧

善玉コレステロールって?

コレステロールには、善玉コレステロールと悪玉コレステロールの2種類があるというのを聞いたり見たりした事がある方もいらっしゃるでしょう。コレステロールをまとめて、悪者と断言してしまうのは大きな間違いで、健康に重要な働きが備わっているコレステロールもあるのです。それは善玉コレステロールと呼ばれ、HDLコ...

≫続きを読む

 

悪玉コレステロールって?

健康のことを考えると、コレステロールの過剰摂取はよくないと言われています。コレステロールの中でも、LDLコレステロールというものは悪玉だと言われていて、健康を害する恐れがあります。LDLコレステロールは、リポ蛋白に変化して血液の中に存在するのです。血液中のLDLコレステロールが多く存在する状態になる...

≫続きを読む

 

メタボリックシンドロームって?

生活習慣病というものは、毎日の食事や運動量、家庭や職場でのストレスなど、暮らしの中でなんとなく行っている事柄が、原因の大部分を占めていると考えられています。内臓脂肪型肥満に該当し、高血糖、高血圧、高脂血症(脂質異常症)の中で2つ以上当てはまるといった症状になることをメタボリックシンドロームと言います...

≫続きを読む