コレステロールを下げるには?

悪玉コレステロールって?

健康のことを考えると、コレステロールの過剰摂取はよくないと言われています。
コレステロールの中でも、LDLコレステロールというものは悪玉だと言われていて、健康を害する恐れがあります。

 

LDLコレステロールは、リポ蛋白に変化して血液の中に存在するのです。
血液中のLDLコレステロールが多く存在する状態になると、行き場がなくなって、当分の間血液の中に停滞するようになります。
血の中に長時間LDLコレステロールが留まることで、酸化状態になって変化してしまうのです。
物性が変わってしまったLDLコレステロールは血管の内側に沈着しやすく、動脈硬化などを招く確立が高まります。

 

また、LDLコレステロールの中で、小さめの小型LDLは標準的な大きさのLDLよりも肝臓に吸収されるのが難しいため血管に残るのが長期間になります。
そのため、サイズの小さいLDLコレステロールは、別の呼び名でを超悪玉コレステロールと言われています。

 

体に悪影響を及ぼす超悪玉コレステロールは、血糖値、血圧、中性脂肪が高かったり、あるいは内臓脂肪型肥満というような状態になると多く発生しやすいと考えられていますから頭に入れておきましょう。

 

悪玉コレステロールをなくすのに有効なのは、ゴマや干ししいたけ、緑茶などがおすすめです。
もうすこし詳しく見ていくと、ゴマの中にはセサミノールと呼ばれる抗酸化作用がある成分が含有していますから、その結果、悪玉コレステロールが酸化してしまうのを防止してくれます。
また、干ししいたけに入っているエリタデニンの効果で、肝臓のコレステロール代謝を活発にする作用があるので悪玉コレステロールが増えるのを抑制することができるのです。