コレステロールを下げるには?

善玉コレステロールって?

コレステロールには、善玉コレステロールと悪玉コレステロールの2種類があるというのを聞いたり見たりした事がある方もいらっしゃるでしょう。
コレステロールをまとめて、悪者と断言してしまうのは大きな間違いで、健康に重要な働きが備わっているコレステロールもあるのです。

 

それは善玉コレステロールと呼ばれ、HDLコレステロールと言う場合もあります。
HDLコレステロールは、血液の中を移動する時にHDLというリポ蛋白とくっついて動いているコレステロールのことです。
初めは善玉コレステロールも通常のコレステロールですので、悪玉と言われるLDLコレステロールと違っているところはないのです。
ですが、成分が化学反応を起こすことで大きさや重さ、作用が違ってくるので、善玉、悪玉と分けられているのです。

 

タンパク質の含有量がたくさんある高比重リポ蛋白のHDLは、それぞれの場所で消費することができなかったコレステロールを包み込み肝臓に運んで行ってくれます。
さらに、血管に蓄積されていくことで、怖い動脈硬化を引き起こす危険を増やす動脈壁に付着したコレステロールも取り除いていきます。
以上のことから、健康に対して善い効果をくれるコレステロール、つまり善玉コレステロールと言われているのです。

 

健康のサポーターであるHDLコレステロールの割合を高くするためには、とりあえず食べ過ぎは禁止です。
一日三食を規則正しいサイクルで、食べる順番は食物繊維の多いもの順にする、咀しゃく回数を多くすることなどに努めると、早食いや食べ過ぎを防ぐことができるといわれています。
体脂肪や中性脂肪が多くなると、頼りになる善玉コレステロールの値を減少させてしまうので気を付けましょう。