コレステロールを下げるには?

メタボリックシンドロームって?

生活習慣病というものは、毎日の食事や運動量、家庭や職場でのストレスなど、暮らしの中でなんとなく行っている事柄が、原因の大部分を占めていると考えられています。

 

内臓脂肪型肥満に該当し、高血糖、高血圧、高脂血症(脂質異常症)の中で2つ以上当てはまるといった症状になることをメタボリックシンドロームと言います。
複数の病状が原因になっているメタボリック症候群の場合は、人体に深刻な問題をもたらす危険があります。
生活習慣病またはメタボリック症候群というのは、深くコレステロールと関係しています。
またコレステロールは、高脂血症を誘発することと結びつきがあります。
高脂血症と診断されたとしても、初期の段階では血液中のコレステロールが多すぎるという状態だけですので、これと言って自覚症状などはありません。
しかし痛くないからといって、コレステロールが多すぎる状態で放置しておくといろいろなトラブルが生じてくる可能性があります。
自覚がない状態のまま血管の内側にコレステロールが付着していき、症状が現れた時には動脈硬化がかなり進行してしまっているというわけです。

 

その他にも、心筋梗塞や脳卒中のような生命に関わるような病気になる恐れもあります。
LDLコレステロール(悪玉コレステロール)を示す値が140mg/dl以上、またはHDLコレステロール(善玉コレステロール)を示す値が40mg/dl以下の場合に、高脂血症といった診断をされます。

 

ほとんどの生活習慣病は自覚がないまま悪化するので、サイレントキラーと言われています。
どうってことはないと気軽に考えて健康管理を疎かにしていると、生命が脅かされるような状態になってしまう危険があります。
健康診断を受けた時に問題があったら、ちゃんと治療するようにしましょう。