コレステロールを下げるには?

コレステロールを下げるのに効果的な運動は?

コレステロールの値が高いままだったら、肥満や動脈硬化と言うようなリスクを上げることになります。
コレステロールが増加してしまう要因は、日頃の食事が高カロリーなことと運動不足が挙げられます。
脂肪を多く摂りすぎない食事を心がけることは、コレステロール値を健康な値に戻すのに的確な方法です。
食事療法だけではなく、併せて運動療法も取り入れることで効率良くコレステロール値を正常に戻すことができます。

 

コレステロールを低下させるためには、有酸素運動が適切だと言われています。
有酸素運動というのは、ウォーキングまたはジョギング、水泳などが当てはまります。
コレステロールを下げる為のエクササイズは、食事を食べた後3時間経ってからするのが効果的です。
中性脂肪は、食後3時間というのが増加するベストな時間帯で、この時に運動をすることで中性脂肪を効率良く減少させることができるのです。
中性脂肪を少なくすると言うことは、人体に好ましい影響をもたらす善玉コレステロールを増やすことができます。

 

コレステロールを下げる為のエクササイズというのは、無理に負担がかかる運動をする必要はありません。
体が温まってくるぐらいの軽い運動を30〜40分、できるのなら毎日、難しい場合は1週間に3回を目標に頑張ってみましょう。
コレステロールの低下が期待できる運動方法としては、ジョギングの場合は1日3〜4キロ程度するのが理想で、早いスピードで走るよりも、ゆっくりとしたペースで走る方が効果があるとされています。
ウォーキングをする時はただなんとなく行うのではなくて、姿勢を正しくしてスピーディに1日2キロ〜3キロを目標に行うと有効です。
諦めずに継続して行うということがコレステロールを低下させる為には一番大切な事なので、無理をしないように長期間できる運動に取り組むようにしましょう。