コレステロールを下げるには?

コレステロールを上げる食品とは?

高齢になればなるほど、体内のコレステロール値を一定に保ってくれる管理能力が老化してきます。
若いあいだはコレステロールを余分に摂り過ぎた場合には、身体が自発的に体内で作られるコレステロールの量を調節してくれます。
しかし、高齢になってくると調整が出来なくなり、コレステロールを正常値に保てなくなります。
それゆえに、若い方よりも高齢の方はコレステロールの過剰摂取に注意する必要があります。
日頃の食事の中でコレステロールが高い食べ物を摂り過ぎないことも、健康的でいるためには求められます。

 

コレステロールがたくさん入っている食品には、魚・動物の卵や内臓などがあります。
例に挙げるなら、鳥レバー、豚レバー、牛レバー、アンコウの肝、いかの刺身、うなぎの肝、するめ、、いくらたらこなどです。
酒のつまみとして人気のある食品も多くのコレステロールが入っているものが存在しますので、食べる量は抑えるようにしましょう。
この他にケーキやシュークリームなどにもたっぷりとコレステロールが入っていますから、食べ過ぎるのはやめるようにしましょう。

 

高コレステロールの食品を摂取する時、量に注意することは大事ですが、全く口にしてはいけないかと言えばそうではないのです。
コレステロールが気になり過ぎて好きな食べ物を絶対に食べないでいれば精神的に参ってしまいます。
ストレスがたまった状態もコレステロール値を上昇させるキッカケとなりますので、適当な量を食べるようにしましょう。